チーム規約

目標を理解して参加できること

MARGの目標

1. 一生懸命練習をする
2. ボールが落ちるまでおっかける。基本的に失点行為をしない。
3. 諦めない。チャレンジを続ける。
4. 無理と言わない。
5. 遅れて来た人と談笑しない。
6. 大人の対応をこころがける。
7. メンバーの引き抜き行為禁止。

MARGの目標の説明(解説)

1. 一生懸命練習をする。

練習なので当然だと思いますが、この意識を持ち続けるのはとても難しいことです。一生懸命ではない人がいると雰囲気があがりません。
全員が上達したいと思っている中で練習をしていきたいと考えています。
MARGの練習に強制はありません。休憩は各人で自由にとってください。また気が乗らない時には練習を休むのも構いません。
練習したい時だけ来てください。見学は何時でもOKです。

2.  単にボールを落とさない。基本的に失点行為をしない。

これはとても難しいです。油断をするとすぐにボールを落としてしまいます。バレーボールはコート内にボールを落していけないスポーツなのでボールを落すことに抵抗感を持ってください。またボールキャッチもしてはいけません。バレーボールのルール上、反則行為は練習でもしないように心掛けてください。
失点行為をしても良いケースはスパイク練習時のブロックアウトの練習。攻撃練習時のリスクをあげた際のプレーなどです。

3. 諦めない。チャレンジを続ける。

諦めたらそこでおしまいです。言い訳も不要です。できるまで繰り返し反覆して練習しいていきましょう。
MARGでは年齢を言い訳にしてはいけません。出来ないことを出来るようにすることがMARGの練習です。
技術、体力の維持をしたい人も、向上させようと思って参加してください。

4. 無理と言わない。マイナスワードは使用禁止。

『無理』『出来ない』『やめた』『疲れた』などの言葉は使用しないように努力をお願いします。無理なものは無理で構いませんが練習では口に出してはいけません。
また自分の状況を自分から自己表現は必要ありません。頑張ってTRYを続けてください。

5. 遅れて来た人と談笑しない。

遅れてくることは問題ではありません。速やかに準備をしてアップを行ってください。遅れてきた人に声をかけるのは善い行いですが2言、3言を心掛けてください。
またMARGでは遅れてきた人が最後のモップがけをしてください。

6. 大人の対応をこころがける。

MARGは社会人の集まりです。週一回の同窓会ではありません。練習姿勢、連絡、相談すべてのことで大人の対応を心掛けてください。
メンバーの引き抜き、いじめや無視。練習前後の批判中傷行為。セクハラ、パワハラ、モラハラなどもしないように心掛けてください。
MARGではチームへの貢献度とともに年功序列を大事にします。その分年上の方には求めることが多くなります。第一としては若者より一生懸命に練習をすることを求めます。
MARGでは教えたい人が教えるのではなく、教わりたい人が上手な人に聞くようにしてください。
また準備、片づけ、ボール拾いなど状況を考えた行為をお願いします。負担の分担にも努めたいと思います。準備していない人は片付けを頑張ってください。

ボール拾いの人は一生懸命ボールを拾ってください。またボール拾いをしてくれている人にボールをぶつけてはいけません。ボールを触る人は常に考えてボールをコントロールをしてください。

7. メンバーの引き抜き行為禁止。

MARGはチームとして活動をしておりますのでメンバーの引き抜き行為は禁止しています。MARG以外のチームでの大会参加などはまったく問題ではありませんが、他のチームでの練習、大会のお誘いを他のメンバーにする場合には必ず代表者に相談をしてください。

チーム結成14年目になります。色々なことがありました。一番に言いたいことはケガをしないようにすること。すべてのケガは自己責任です。
参加者全員が毎回少しずつ上達する練習にしていきたいと考えています。
皆さんのご理解、ご協力、ご参加をお願いします。